独創って、なんなんだろうか

目下、何となくこういうことを考えます。本質ってなんだろうと。ほとんどの人は、幼稚園や保育園から、小・当事者・量・ユニバーシティと学校に通うというレールの上を歩いてきたと思いますが、その中では当然原理がありました。一丸おんなじ時間に講習を受け、おんなじ制服を着るというように日本では秩序という名目で人類を一体化する特徴があると感じています。数字においては、一つの詳細に特化した学徒よりも、全体的に満遍なくできる学徒の方が、優秀と評価される傾向にあります。そうすると、なら、アートや工作に優れていても、国語や算数ができない子は劣等ライブなのかと考えてしまいます。ひいては、嬉しいユニバーシティや、好ましい会社に入ることが命中だと考える風潮にあるが、千差万別進め方が違うように、人によって「良い」の意味は異なっていいんじゃないかとも思います。そういう点を考えると、連携を重んじる傾向にある日本では、肩身の細い念願を通して、評価されずに耐える人が多いんじゃないかと気になりました。連携が重んじられ、千差万別の色調が出しにくい、本質ってなんなんだろうか。相談だけならお金がかからないと聞いて借金返済を相談しました