生垣の向こうの空気を読む

機密はについて迷う時があります。
たとえば、ストリートを歩いている時に近所のほうが庭先で植木の手入れなんかを通していて、明らかにその陣営がこちらの上がりところから間近い場合。スケスケの生垣から標的の陣営は確実に把握しあっているのに、シレッと無視して通り過ぎるべきなんでしょうか。
標的ちゃんはお家の敷地内にいるし、ひとまず生垣もある。生垣はつまりその人の機密の考えです。そうすると生垣越しにお礼はやっぱりオカシイのかな。
…かと言って無視するのも、先方にとりまして『陣営を把握していながらシカトですか…』みたいな感じになるのかな、など気を揉む。
いよいよ届け出です、見えないように生垣を完全に茂らせるか、何も無くすかにやるんですよ、などとストリートをフラッと歩くだけでも狼狽するものです。
いいえ、やっぱりこちらの性分を確定すればいいのか。犬だろうが二階の窓から外部を見ている住民だろうが、生き物がいればとにもかくにも意思も触れたのかのごとく大声でお礼するという性分として打ち出していけばいいのではないでしょうか。もしくはそのあべこべ。一律をシカトです。
いずれを選んでも近所ではめったに馴染んでやってけないとは思いますが、何かを手に入れたければ何かを捨てなければならないのです。http://www.rollingthunder-raceway.com/